MENU
Scroll

葬儀の準備って一生に何度するでしょうかね?

あまり、ご生前から準備しておくのもどうかと思いますが・・・

残された人にとっては、現実問題としてお金のかかるイベントです。

今日はそんな・・・

葬式ってどんな準備が必要?
近くにある、葬儀会社って、どうなんだろう?
出来れば、費用は安く済ませたいな・・・

・・・とお考えのあなたにお届します。

今日お届けする「葬儀レビ」では、ある日突然やってくるかもしれない身内のご不幸に、備えるサービスです。

ご近所にいくつかの葬儀の業者はあると思いますが・・・

あなたは近所にある業者が提供するサービスの中身をご存知ですか?

単に葬儀全般を取り仕切ってくれるだけの業者じゃね?

って私も思っていました(笑)

葬式に必要なもの何?

費用はどれくらい?

たくさん種類もあるのかな?

何から手をつければ良いの?

と、実際に列席したことはあっても、なかなか当事者として経験している人は少なくて、結局、多くの方が知らないのが葬式です。

頻度も一生に何度あるかわからないイベントですので無理はないのですが・・・

結局、身近な儀式でありながら・・・あなたも私も大変の方が実際葬式をすることになると何も出来ないのが現実です。

「葬儀レビ」では、あなたのご近所の葬儀会社も含めた、「いざという時」に対応が可能な業者のサービスの内容をお伝えするサポートします。

\ 葬儀レビの公式はこちらから /

目次

葬儀レビで判る|葬儀に関わる一連の流れ

流れ
危篤・臨終

危篤の連絡が入ったら、ご家族、本人が希望する方などに連絡します。

生前にどうしても最後の面会を叶えたい時は、危篤になる前の連絡をするようにすることをお勧めします。

電話連絡を主にどんな連絡方法も厭いません。

早朝深夜などの時間帯も失礼にはなりませんので、その旨をお伝えください。

搬送前の準備として「死亡診断書」が必要です。

病院で準備してもらいます。

流れ
搬送

霊安室から数時間以内の移動を求められることもあります。

病院から搬送するための寝台車を手配する必要があります。

予め移送場所を確保しておく必要があります。

ご自身で決める葬儀社に搬送します。

流れ
安置

通夜・葬儀を執り行う葬儀社に依頼し、安置場所を確保します。

自宅でも安置できます。

流れ
事務処理・打合せ

依頼する葬儀社と打合せをします。

ご不幸が発生した後、速やかに菩提寺に連絡し、葬儀の打ち合わせをします。

その内容は、日程、場所、葬儀の内容、予算などを具体的に決定することになります。

流れ
納棺

末期の水→湯灌→死化粧→死装束

これらの儀式を執り行います。

故人ゆかりの品物を、ご親族の想いと共に棺に納めます、

流れ
通夜・通夜ぶるまい

夜を徹して執り行われる儀式でしたが、現在では2時間程度で執り行われるのが一般的です。

通夜のちには「通夜ぶるまい」で参列者を酒や食事でもおもてなしします。

流れとしては・・・
葬儀社と進行確認→受付→着席→僧侶入場→読経→焼香→僧侶退場→通夜終了→通夜ぶるまい
という流れです。

流れ
葬儀・告別式

故人との最後のお別れの儀式です。

通夜式の翌日午前中に執り行うのが一般的です。

流れとしては・・・
葬儀社と進行確認→受付→着席→僧侶入場→会式の辞→読経・引導→焼香→僧侶退場→弔電→喪主の挨拶→兵士期の辞→お別れ
という流れです。

流れ
火葬

火葬には「火葬許可証」が必要になります。

葬儀社で代行可能ですので、問合せ下さい。

火葬後「火葬許可証」に証印が押され、埋葬許可証つぃて返却されます。

流れ
初七日・精進落とし

故人が亡くなってから、7日目に行う法要です。

最近では「繰上げ初七日」として葬儀当日に兼ねる場合が多いです。

初七日を終えた後に僧侶と参列者へ精進落としをふるまいます。

流れ
帰宅

飾り祭壇を整え、遺骨、白木位牌、遺影を安置します。

四十九日の忌明けまで設けます。

通夜・告別式に参列できなかった方々が忌明け前に弔問に訪問された際は、こちらでおまい入り頂きます。

一連の流れを解説しておきました。

故人の人生最後のお別れの会の主催者は残された方です。

流れを知っておくだけで、何をすれば良いかの心の準備は出来ますね。

葬儀レビでご紹介させて頂いた葬儀社のサポートがあれば、一連のことを任せられるのはもちろんのこと、葬儀後に待っている煩雑な手続きについても知ることが出来るでしょう。

葬儀レビでわかる|葬儀の後に必要となる手続き

ご不幸の直後は、多くの処理が待っています。

葬儀の段取りは当たり前ですが、故人のご生前の職業や財産、住所地などによって、後処理の方法などは様々です。

下に代表的かつ必要な事後処理をお示ししておきます。

スクロールできます
内容期限申請先申請書類必要なもの
年金受給停止の申請すみやかに(国民年金の場合は14日以内)市区町村役場(国民年金)、年金事務所(厚生年金)、共済組合(共済年金)年金受給権者死亡届故人の年金証書、故人の死亡事項が記載された戸籍(除籍)謄本または住民票除票、届出人の認印
未支給年金の受け取りすみやかに市区町村役場(国民年金)、年金事務所(厚生年金)、共済組合(共済年金)未支給年金、保険給付請求書故人の年金証明書、故人の死亡事項が記載された戸籍(除籍)謄本、故人の住民票除票(世帯全員の記載があるもの)、請求者の戸籍抄本と住民票(故人の除籍謄本や住民票除票に含まれている場合は不要)、請求者の認印・請求者名義の預金通帳 
※ただし、受給していた年金の種類や請求者の続柄によっては必要書類が異なる場合もあります
遺族年金の請求死亡から5年以内市区町村役場(国民年金)、年金事務所(厚生年金)、共済組合(共済年金)遺族年金(給付)裁定請求書故人の年金手帳または年金証書、死亡診断書または死亡届の記載事項証明書、戸籍謄本(故人と請求者の続柄を確認できるもの)、故人の住民票除票、世帯全員の住民票、請求者の印鑑、請求者の年金手帳または年金証書、生計維持申立書、請求者の所得を確認できる書類、振込先の金融機関の通帳 
※条件によって必要書類は異なります

葬儀社を利用することで、こちらに書ききれなかった内容についても知ることが出来ます。

煩雑な作業を、漏れなく片付けていくために助かります

葬儀レビの公式はこちらから

葬儀レビの資料請求から始まる準備

突然の不幸に見舞われた際にも、しっかり対応し、葬儀、お墓の整備まで完了できる準備を整えておくと安心です。

葬式は、突然見舞われると、結果的にはあっという間に嵐の様に過ぎ去ります。

紹介されるがままに決めてしまい、結果的に大きな出費になることもあります。

そんな際に、葬儀業者を比較してより安いところへ!と検討できるでしょうか?

現実は、限りなく不可能に近いです。

葬儀レビでは予め備えるお手伝いをします!

  • 全国提携葬儀社900社から、最大5社の資料をお届けします。
  • 葬儀会社を比較し、予め決めることで、概算予算と準備全般を理解できます。
  • 葬儀の前後での必要な公的な手続きまで全て理解できます。

不幸にも葬儀を執り行う場面となった際、あなたの気は動転し、落ち着いた対応は、難しいです。

業者からの言葉であっても、「お言葉に甘えて・・・」ということになり兼ねません。

身内の方であれば、警戒する必要もありませんが、それが、「親切な業者」であった場合には、「親切な業者」にとっては、経済活動でしかないということは心の片隅に潜ませ・・・

ご自身の想定外の費用が生じないよう予め備えておく必要があります。

\ 葬儀レビの公式申し込みはこちら! /

 葬儀レビのオススメする葬儀|直葬

近年、埋葬法も多様化しています。

散骨、樹木葬、風葬、鳥葬など・・・あなたも一度は耳にしたことがあるのではないですか?

いろんな情報がありますが、今ご紹介した埋葬法は、法的にグレーな面があるため、葬儀社に一度聞いてみるのが良いでしょう。

最もリーズナブルな葬儀|直葬

上記の流れの中で「通夜→・・・→葬儀・告別式」までを省き、「火葬→事務処理」のみが基本的な流れです。

合理的な直葬が、現在、増加傾向です。

・・・ですが、葬儀の全部を自分では出来ません

そうしようと思うこと自体、悪いわけではありません。

しかし、手続き上、病院からご自身で搬送するなどということは、現実的ではありません。

下手をすると、犯罪者になってしまいます。

死亡診断書を死亡届として提出後に「死体火葬許可証の交付」を受けた後は遺体搬送を葬儀社に依頼するのが一般的です。
  
昔の大家族、親戚が多かったり、地域の風習があったりと、事情は様々ですが・・・

人口の中心は首都圏であり、様々なサービスが広がっています。葬儀についても様々です。

最低限度のことをすることが、故人の生前の希望だったりする場合もあります。

直葬の費用も葬儀社によって様々です。

葬儀社からの見積もりを取っておくことが重要です。

一般的には直葬であっても20万円程度ということらしいですが、葬儀レビがご紹介する葬儀社の中には8万円台での案内もありました。

そういったところを見ると、葬儀はする必要がある。

・・・でも出来る限り安くしたいという人がいかに多いことかが推察できます。

葬儀レビんの使い方|自らの終活

人生も晩年になってくると、死を意識してくるのでしょう。

終活の中には、ご自身が臨終を迎えた際の準備も含まれるようです。

自分の死亡で残された家族に金銭面での迷惑だけを残したくないというお気持ちですね。

事前に備えておきたい方におススメなのがエンディングノート。

内容に葬儀やお墓に関しての項目をチェックしておきましょう。

葬儀レビで紹介された葬儀会社に以下の項目を伝えておくと良いです。

  • 葬儀実施(有・無)
  • 葬儀業者や会場の(有・無)
  • 葬儀費用(用意の有・無)(預金使用有・無)
  • 宗派(仏教、新道、キリスト教、無宗教)
  • 菩提寺の(有・無)
  • 戒名の(有・無)
  • 葬儀規模(密葬、家族葬、一般葬、社葬、直葬(火葬))
  • 供物の(有・無)
  • 遺影の(有・無)
  • 納棺服装の(有・無)
  • 棺、骨壺の(有・無)
  • 葬儀で使用したい曲の(有・無)
  • 葬儀でこだわり(祭壇、花、料理、ヘアメイク等)

↓葬儀レビ入力1分で資料請求出来るよ!↓

葬儀レビで資料請求のまとめ 

人生最後の時を考えることは生前にしか出来ません。

それがご自身であっても、もっとも身近な近親者であっても同様です。

後悔先立たずです。

大切な方の最後のイベントにケチが付かないように、しっかり故人を偲ぶことが出来るように葬儀レビで準備しましょう。

\ 葬儀レビで1分資料請求/

目次
閉じる